<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なでなで♪

こんにちはじゅにあです!

今日はパパになでなでしてもらいたくて

帰ってきたよ。

やっぱりこれが1番好き♪ 

やっぱりパパが1番好き♪♪




d0194896_1233569.jpg

[PR]

by junifo-juru | 2011-02-28 12:03

なんだかさみしいよ・・・

あの日パパとママがねえねを連れてあわてて病院へ行って

なかなか戻ってこなかったんだ。

おらはさみしくてお留守番が怖かったんだ~。

帰ってきたときパパとママが泣いていた。

いつも元気なねえねもずっと黙っているんだ。

あれからずっとねえねがいないんだよ。

d0194896_1645310.jpg


とってもさみしくてねえねの場所を行ったり来たり

ねえねのにおいがするのにねえねはいないんだ。

おらはかくれんぼ好きじゃないよ。

早く帰ってきてほしいよ。

d0194896_1672886.jpg


さみしくてさみしくて・・・

でもママがね「FOが元気になったらいつか会えるよ」っていうの。

だからおらも元気になるよ。

元気になっていつかねえねを探しに行くよ!

ねえね待っててね♪ でもやっぱりさみしいや・・・

[PR]

by junifo-juru | 2011-02-26 16:11

悲しい日・・・

前日の夜ジュニアはとても苦しい夜を過ごし一睡もしませんでした。

2月8日の朝をむかえて少し落ち着いたのか呼吸も整い

少しだけ向きを変えたり、寝返りをうったりと

ここ何日かのジュニアに戻っていました。

いつもは水をほとんど飲まないジュニアがここ2~3日

多飲するようになりピッピも頻繁になりました。

何度か間に合わなかったりしたけれど寝たきりでも

頑張ってトイレトレイまで行こうとしてえらかったね。



食欲のなくなったジュニアにどうしても手作りごはんを食べさせたくて

様子が落ち着いた時にほんの少し買い物へ出かけました。ほんの1時間ちょっと。

出かける時には布団に寝かせていたのに私たちが帰って時ジュニアは

ベランダの隙間から車が停まったのが見えるいつもの窓際で

待っていてくれました。最後のジュニアのお出迎えです。



帰ってきた私たちの顔を見て安心したのか少しだけ呼吸が荒くなりました。

それでもお水を飲もうと一生懸命立って傾く体と震える足で

歩こうと必死でした。

出かける前と帰ってから大好きないちごを無理やり口に押し込み

食べさせました。大好きないちごが最後に食べたものになりました。



病院が4時からなので時間になったら連れて行こうと

思いましたがそれまでの時間がとても長く感じました。

長くて短い時間・・・
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-26 16:00

ジュニアの為に・・・

生きてきた中で1番悲しい日から2週間たちました。

パパとふぉ~太のジュニアロスが激しくて

その中では私が1番しっかりしてるみたいです。

d0194896_23295730.jpg


悲しくて悲しくてたまらない時間と

やけにテンションが高い時間と

何も考えられず呆然とする時間、とにかく毎日が

ふわふわと夢を見てるような落ち着かない気分です。

それでもジュニアが心配しないように少しづつ

笑う時間が増えていきますように・・・

そろそろ・・・
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-24 23:44

旅立ちの前日

これからJUJUの事を少しづつ・・・忘れないようにの記録です。

長くなるので興味があれば「続き・・・」をごらんください。

d0194896_2334253.jpg


5日の病院、弱めのステロイドと栄養補給。

この日の朝2日分の全く消化していないごはんと

2日分の溶けていないお薬をもどす。

お薬溶けてないって事は痛み止めも効いていなかったの?

1月29日に突然の痙攣と震え。それからは脇の下と胸部の

腫瘍が肥大。抱きかかえるだけで激痛が走るのか大泣き。

JUJUは普段から我慢強く痛くてもめったに泣かない子。

大泣きするなんてよっぽどなんだろうな。

続き・・・
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-16 23:58

おかえりなさい・・・

旅立つ前の最後の写真

d0194896_05542100.jpg


7日調子が良くて病院で「今日は注射しなくていいね」と言われ

帰ってきてお昼寝してるJUの横に私とFOが添い寝。

本当にスヤスヤこのところの辛そうなのが嘘のよう。

d0194896_0592883.jpg


こんなにくっついてる2人は珍しい。

最後の写真はとてもほんわか印象深いものになりました。




JUJUの最後の戦いの様子やそれまでの数日間の事、

そして旅立ったあとの事はJUJUの大切な記録なので

後日少しづつ記して行きたいなって思います。




とりあえず今は・・・JUJU元気になって帰ってきました。

d0194896_1431.jpg


姿は変わってしまってけれど大事な娘に変わりありません。

実家の兄弟達にもお別れをさせたくて実家に寄ったら

泣いてばかりの私達にみんなでものすごいパワーをくれました。

d0194896_163541.jpg


大切な家族、ワンコ達には不思議なパワーがあるのですね。

JUJUもきっと一緒に走り回っていたことでしょう。

死ぬほど泣いていたパパにも自然な笑顔が・・・

1つ1つ小さい事でも楽しかったこと、辛かったことを

いちいち思い出し号泣ばかりしていますがきっとFOが

和ませてくれることでしょう。

JUJUの居場所、部屋の中心に作りました。

d0194896_1133893.jpg


この場所からは部屋の全てが見渡せます。

だからJUJUも淋しくないよね。

これからもうちは4人家族。

いつでも一緒に楽しい事しながら前を向いて歩いて行こうね。



そして・・・みなさんJUJUにとても優しいメッセージを

どうもありがとうございました。

ご自分のブログに追悼の言葉を載せて頂いたりして

そこから新しい繫がりが出来たことはJUにも感謝しなければ

いけないですね。

今はこみ上げてくるものがジャマして文字にするのが

困難ですが必ずおひとりおひとりにお礼に伺いたいと思っています。

このブログはJU&FOの2人のブログです。

これからも今までのまま続けて行くので見守ってください。

取り急ぎ乱文ですがお礼まで・・・本当に感謝です。
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-12 01:23

ありがとう

ジュニア先ほど可愛いお顔で行ってきますって

私達の腕の中から旅立って行きました。

泣き虫なパパとママ、しばらく立ち直れないかな。

ジュニアの事ブログで書きたいことたくさんあるけれど

少し時間を下さい。
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-08 19:50

経過報告

土曜日突然の痙攣を起こして寝たきりになったJUJU

病院で診察してもらった結果初めて強いステロイドを

注射してもらいました。

注射により何とか痛みはやわらいだようで

翌日には少しだけ穏やかな表情を見せてくれました

d0194896_1422880.jpg


左手をほとんど床につけられず3本足で

一生懸命歩こうとするのを見るとたまらない気持ちです。

前のように元気にお散歩できるようになるのかな?

走れなくても、長い距離は無理でも、せめてせめて

毎日少しのお散歩がみんなで出来るように・・・

それが叶うなら何にものぞまないから。



*みなさまからのあたたかいパワーは届いています。感謝!

 ブログの方の完全復活はもう少し待っていてください。
[PR]

by junifo-juru | 2011-02-03 01:48